天然のエッセンシャルオイルを使用した環境方向をご提案いたします。

ほのかに感じる植物の香りは、訪れるもの滞在するものを幸せな気分にさせます。
清潔感や、クリーンな環境に配慮するなど企業などの、イメージアップの他、実際にアロマテラピーによる薬理的効果は、認知症ケアやうつ症状の緩和などエビデンスが多数発表されています。
香りによる環境は、認知機能を上げる効果や感情を穏やかにするなど利用者の方への付加価値として、また働くスタッフにとってもイライラや疲労感の緩和、ストレス蓄積の軽減が同時に行えます。短期的、長期的なメリットがあります。

施設特有の「匂い」対策どうされていますか?

然のアロマエッセンシャルオイル(精油)を使用した業務用のディフューザーでは、

ただ香りを発散させるだけでなく、精油の持つ消臭作用・殺菌作用・抗ウィルス作用・抗真菌作用を活かし、快適な空間創りを実現します。

介護施設・医療施設様向けプロデュース
 (ロビー・受付・待合室・検査室・リハビリ室など)

待合室での長い待ち時間は、ストレスの溜まるもの。患者様にとっては辛いものです。

病院や施設様の清潔感ゆえの無機質な空間を、香りの演出により、明るく爽やかな空間へと彩ることができます。
 

心地よい香りは、副交感神経を優位にすることでの緊張緩和など精神面でのストレス軽減に役立ちます。

 

また、100%天然の芳香成分である精油を使用することで、抗菌・抗ウィルス作用を利用し感染予防の他、消臭作用等による空気清浄が期待できます。


検査前の緊張感

香りによる空間は、MRIやCT、女性特有の検査など、緊張を解いて臨みたい検査

待合では、リラックスして過ごしたいもの。

天然精油による芳香は、目に見えない香りによるリラクゼーションが可能です。


また、ロッカールーム・公共の場の匂い対策としても清潔感を保つことができます。